【イベントレポート】 dots.様主催「Goオールスターズ2」に弊社金子が登壇しました

弊社プリンシパルエンジニアの金子が、10/2(日)、dots.主催のイベント「Goオールスターズ2」に登壇しました。
 
今回は、金子の登壇内容をレポートします。

Essentials of Golang

presentation2

presentation3

Go言語でのフルスクラッチリプレイスを果たしたPairsの、安定稼働後に得た知見を中心に、Go言語コードに関するトピックスについて発表しました。
 
主な内容は以下の目次の通りです。詳細は資料をご覧いただきたく思います。

  • Go proverbs: Go言語が持つ開発思想について
  • Constants: 評価タイミングや、ビットフラグとiotaの使い方
  • Testing: テーブルテストや、並行動作テスト、Go1.7以降の競合検出
  • regexp.Regexp: goroutineでの安全性と、初期化のコスト

これらのGo言語の話題は、最初にコードを組む段階で知っておくと後々の技術負債に苦しまずに済むような知識です。
 
当日は資料内のコードサンプルによる発表で、それぞれのコードに解説を入れる形でお話しました。

パネルディスカッション

登壇者が集まるパネルディスカッションにも参加させていただきました。
(写真1枚目:左から、牧氏、金子、松尾氏、吉澤氏、辻氏)

discussion1

dots_panel_discussion

パネルディスカッションでのテーマは下記のような内容となりました。
有料イベントであったことから、細かなトーク内容のご紹介については割愛させていただきます。

  • Go言語を選択する理由、社内でいかに導入にもっていくのか
  • Go言語を導入していくコツや方法
  • Go言語以外の言語との共存
  • 運用周り(テスト・CIなど)の難しさ
  • Go言語でのパッケージ管理
  • WebアプリでのGo言語について
  • おすすめのパッケージ

最後に

Go言語を先行的に取り入れてきたエウレカとしては、今後もこのような登壇機会がありましたら、ぜひ私たちの知見をより多くの方々とシェアしていきたいと考えています。
 
エウレカでは外部にオープンする合同勉強会、クローズドな合同勉強会を随時開催しています。登壇のご依頼・勉強会開催のご希望がございましたら、ぜひエウレカの社員まで気軽にお声がけください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エウレカでは、一緒に働いていただける方を絶賛募集中です。募集中の職種はこちらからご確認ください!皆様のエントリーをお待ちしております!

Recommend

Mackerel meetup#6に登壇してきました

Pairsのインフラコストを最適化しました