【イベントレポート】 MTIさんと合同勉強会を開催しました

先日、株式会社エムティーアイさんとの合同勉強会をエウレカ5Fセミナースペースにて開催しました。

mti_study_sight

UI/UX・Android・iOS・サーバーサイド・インフラなど多岐に渡る内容となり、質問が止まらずに時間をフルに使うほど、刺激あふれる時間となりました。
 
今回の記事では写真とスライドを交えながら、エウレカメンバーの登壇部分をご紹介します!(※全ての発表スライドをご紹介できているわけではございません。予めご了承くださいませ。)

プロダクトデザインの現場で求められるUIデザインスキルとは? (酒匂)

mti_study_shoko

(こちらの資料は非公開とさせてください。申し訳ありません。)

UI設計におけるエンジニアとのコミュニケーション量増加の課題をDesigning Products People Loveという本との出会いをきっかけに、画面状態の定義を細分化することで乗り越えた、という内容です。
 
1つの画面について、情報が完全な場合、欠落している場合、エラーが発生している場合 … など「State」という状態を定義し、そのStateに応じたUI設計することが重要性とのこと。
 
質疑応答では「Stateを定義するタイミングはいつか?」「現在はエンジニアメンバーとどのような方法でコミュニケーションしているのか?」といった、実務に関する質問が多く飛び交っていました。

Pairsのプロビジョニング要件とInfrastructure as Code実例(恩田)

mti_study_on

Pairsにてインフラの管理の辛みをコードで解消した実例として、運用まで含めたシステム構成内容に関する発表です。

Android DevEnv in 2016 (海藤)

mti_study_kaido

Androidの開発環境、Kotlin、Reactive Programming、Clean Architechtureについての発表です。

Web front end in 2016 (太田)

mti_study_ohta

フロントエンド戦国時代において、ReactとTypescriptが解になるのでは? という趣旨でそれぞれの特徴についての発表です。

Siri Kit(丹)

mti_study_tan

iOS10で発表されたSiri Kitを使ったプログラムのサンプルを用いて、開発や用語定義の方法を説明した発表です。

Canary Deployment(中川)

mti_study_yoshiki

本番デプロイの悪影響を最小限に留めるための思想と、その手段であるCanary Serverについての発表です。実際にPairsで活用されている技術です。

おわりに

終了後のひとコマ。デザイン話に花が咲いていました♪

mti_study_konshinkai

エウレカでは外部にオープンする合同勉強会、クローズドな合同勉強会の開催を随時開催しております!
 
勉強会開催のご希望がございましたら、ぜひエウレカの社員まで気軽にお声がけください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エウレカでは、一緒に働いていただける方を絶賛募集中です。募集中の職種はこちらからご確認ください!皆様のエントリーをお待ちしております!

Recommend

PairsのBlue-Green-Deployment事情とゴールデンイメージの生成高速化(失敗)について

多言語・マルチデバイス対応のPairsを、チームでデザインするためのデザインデータ管理方法とは?